不登校になった場合、勉強はした方がいいのでしょうか? 結論からいうと勉強はするべきです。 全てがどうでも良くなって勉強を放棄する子供もいますが、これからのことを考えた場合、勉強はした方がいいと思います。 なぜなら、勉強をしないと希望する高校に行くことができないからです。 言葉は悪いですが、学力が低い高校にはそれなりの生徒しか集まっていません。 そのため、いじめなどに遭う可能性がありますし、馴染めないケースが多いです。 逆にそれなりに学力が高い高校の場合、勉強を真面目にする生徒が多いので、不良は少ないと思っていいでしょう。 絶対に安全だとはいえませんが、学力の高い学校に通った方が不登校になる可能性が多少は低いといえます。 高校を自分で選べるかどうかはこれからの人生にあたって非常に重要になるので、きちんと勉強しましょう。 もし、自宅で思うような勉強ができないなら塾という選択肢もあるので安心してください。 塾なら外出する機会も増えるので、引きこもり防止にも繋がります。